ドクターマーチン【Dr.Martens】1461履き心地レビュー

ドクターマーチン アイキャッチ画像 ファッション

こんにちは、ナッツです

メンズファッションや釣りを中心に記事を書いています

さて、この記事では

  • ドクターマーチンの名前は聞いた事あるけど、実際どんな靴なの?
  • ドクターマーチンの靴を購入しようかどうか迷っているんだけど
  • ドクターマーチンの靴を履いている人を見かけるけど、履き心地とかどうなのかな

といった悩みや疑問をお持ちの方に向けて、ドクターマーチンの魅力について記事を書きました

すでにドクターマーチンを愛用している人は、その良さを十分理解されていると思いますので、読み飛ばしていただいても全然構いません

ドクターマーチンの魅力その1 ひと目で分かる存在感

ドクターマーチンの見た目の最大の特徴は黄色いステッチです

ドクターマーチンの黄色いステッチ

ドクターマーチンの黄色いステッチ

黒や茶色の革靴に黄色のステッチはとてもよく映え、靴底を一周しているのでどこから見てもすぐにドクターマーチンだと分かります

なお、ドクターマーチンのすべてが黄色のステッチという訳ではなくて、白や黒のステッチもありますので、その辺りは個人の好みで選んでいただいて大丈夫だと思います

そしてアメ色の分厚いソールには細かいミゾが施されています

ドクターマーチンのアメ色のソールには細かいミゾが!

アメ色のソールには細かいミゾが!

この ツートンの溝付きソールエッジもドクターマーチン独特のもので、すぐにそれと分かるデザインです

定番モデルの1460や1461などは、誕生から60年以上たった今でもそのスタイルは斬新で、色あせることなく、世界中の多くのファンから愛され続けています

ドクターマーチン DR.MARTENS 1461 3ホール ギブソン

ドクターマーチン 【DR.MARTENS】
1461 3ホール ギブソン

ドクターマーチンの魅力その2 丈夫でタフ

ドクターマーチンの靴は、最も丈夫な製法と言われるグッドイヤーウェルト製法で作られています

この製法は世界中の高級革靴がこぞって取り入れている製法で、耐久性や耐水性にも優れ、雪や雨にも強く、水が入りにくい構造となっています

また、樹脂、可塑剤、着色剤を組み合わせて作られたドクターマーチンのアメ色のソールは、非常にすり減りにくいことでも有名です

元々は1960年にワークブーツとして誕生したドクターマーチン

その遺伝子は60年以上経った今でも、ドクターマーチンの製品ひとつひとつにしっかりと受け継がれています

ドクターマーチンの魅力その3 快適な履き心地

ドクターマーチンのなめらかで美しいスムースレザーは、履き込むほどに自分の足に馴染んできます

グッドイヤーウェルト製法とも相まって、ドクターマーチンの靴を履き続けると、日に日に履き心地が良くなってくるのを実感すると思います

ソールにはエアクッションが内蔵されていて、とても革靴とは思えないソフトな履き心地です

また、ソールは柔軟性やグリップにも優れ、そのグリップ感覚を言葉で言うと「地面に吸い付く」といった感じ

特に滑りやすいところを歩くときには、心強い味方になってくれます

ドクターマーチンのソール

ドクターマーチンのソールは 地面に吸い付くようなグリップ力

最後に

以上、ここまでドクターマーチンの魅力について紹介してみました

今回写真で掲載した1461 3ホールシューズは、1961年に誕生した大定番の商品で、どんな服装とも相性が抜群なので、とりあえず一足という方にはオススメします

カジュアルな服装や、きれい目の服装にもよく合いますよ!

ブーツのほうは、よりドクターマーチンらしさが前面に出ていて、コアな愛好者向けです

「これぞドクターマーチン」といった商品が欲しい方には断然ブーツです

ブーツは8ホールと10ホールがありますが、10ホールの方がハードな印象です

ドクターマーチンに興味がある方は、こちらをどうぞ↓↓↓

【ドクターマーチン・エアウエア ジャパン】

タイトルとURLをコピーしました