仕事でのスーツスタイル!仕事にはどんなスーツがいいのかな?

ファッション

毎日スーツを着て仕事をする人も多いことでしょう!

ところで、ビジネスの場面においてふさわしいスーツとはどんなスーツでしょうか

スーツを着ている間は、オフィスの中では同じ仕事をする仲間として、またオフィスの外では会社を代表する人間として、取引先やお客様と接することになります

そのような場において、服装は

「自分の趣味はこんな服です」

といった主張をするよりは

「私はあなたにとって信頼できるビジネスパートナーです」
「私はあなたに誠実に接します」

と思われる方が重要なのはいうまでもありません

では、そのような印象を持ってもらうためには、どのようなスーツを選べばいいのでしょうか?

ここでは仕事で着るスーツを選ぶときに、最低限押さえておきたいポイントを紹介します

カラーは紺とグレーが基本

ビジネスで着るスーツで最も定番のカラーは「紺色のスーツ」です

仕事のどんな場面にでも通用し、さわやかで知的な印象を与えてくれる紺色のスーツは、ビジネスの場において最強のアイテムとなってくれます

面接や企画のプレゼン、お客様との商談といった、ここぞというシーンにも威力を発揮する、万能のビジネススーツです

ひとくちに紺色と言っても、濃いものから明るいカラーまでいろいろなカラーバリエーションがありますので、そこは自分の好みで選んでいただいて問題はありません

どちらかといえば濃い紺色はフォーマル寄りで、薄い紺色はカジュアルに近くなります

そして、紺色と並ぶ定番のカラーがグレー

穏やかで優しい印象を与えるグレーのスーツは、相手にもっと近づきたいときや、親しい関係を持ちたいといったシーンに適しています

あくまで目安ですが、紺色が勝負服にも使える万能のスーツに対し、グレーは日常がメインのスーツと言えるのではないでしょうか

スーツの柄は無地が基本

仕事で着るスーツの柄は無地のものが基本です

なぜなら、柄が入ると一気に派手になるからです

ビジネスの場において服装は、相手からどう見られるかが大事だと先ほど述べました

みんなが一生懸命仕事をしているところに、派手な服装をした人がいたらどうでしょうか?

きっと場違いな印象を持たれるに違いありません

基本的に仕事で着るスーツは無地がベストですが、近くで見ないと分からないような淡い色のストライプならOKです

スーツのサイズが合わないと台無しに!

ここまでスーツのカラーと柄について説明してきましたが、それ以上に大事なポイントがあります

それは「サイズ」です

サイズが合っていないと、せっかくのスーツも台無しになってしまうので要注意!

サイズの目安として、次のようなポイントを覚えておくとよいでしょう

  • 肩口・・・自分の肩がピッタリと収まり、肩口を指でひとつまみできる程度
  • 袖丈・・・シャツが1cm~1.5cm出るぐらい
  • 着丈・・・お尻がぎりぎり隠れる程度
  • 裾・・・足の甲に少しのるぐらい(=ハーフクッション)

自分に合ったサイズという点では、何といってもオーダースーツがベストです

オーダースーツは高いというイメージがありますが、既製服と変わらない格安のオーダースーツをつくっているところもありますし、フルオーダーでなくてもイージーオーダーやパターンオーダーでつくることもできます

スーツ以上に重要なネクタイ

ここまで仕事で着るスーツについて述べましたが、スーツ以上に重要なアイテムがあります

それはネクタイです

その理由は、ネクタイがスーツスタイルの中で一番目立つからです

人は話をするとき、相手の顔を見ますよね?

そうすると、顔の近い所にあるものが自然と目に入ってきて、その印象が強く残ります

それが、胸元のVゾーンにあるネクタイなのです

Vゾーンのバリエーションが少ないと、いくらいいスーツをたくさん持っていても、「この人、いつも同じような格好をしているな」と思われてしまうのです

それは、とてももったいない事ですよね

ですから、ネクタイは違った雰囲気のものを最低でも5本は持っておきたいところ

そうすれば、1週間毎日違う雰囲気を作ることが出来ます

スーツはベーシックで上質なものが2~3着あれば十分で、あとはネクタイに毎日変化をつけることによって、シンプルでかつ豊かなスタイリングができ上ります

シャツは無地の白がベスト

シャツにはいろいろなカラーや柄のものががありますが、仕事で着るシャツは「無地の白」がベストです

どんなスーツ、ネクタイにも合わせられるし、何より清潔感があって誠実な印象を与えるので、ビジネスには最適です

「無地の白シャツは無難すぎて面白くない」

と思われるかもしれませんが、シャツがスーツ以上に目立つと奇抜な印象を与えてしまいます

「シャツはスーツの引き立て役」と覚えておいてください

シャツは無地の白がベストですが、薄い色ならブルーやピンクもOK

シンプルで清潔な装いが、実はいちばんカッコよかったりするものなのです

まとめ

以上、ここまで仕事でのスーツスタイルについて、押さえておきたいポイントを述べてみました

  • スーツの色は紺かグレーが基本
  • スーツの柄は無地が基本
  • スーツのサイズは体に合ったものを
  • ネクタイは最低でも5本は必要
  • シャツは白がベスト

あなたのスーツ姿は職場の同僚や取引先、お客様から毎日見られています

「スーツは堅苦しいから本当は着たくない」

と思ってらっしゃる方はいませんか?

そんな考え方は実にもったいない!

なぜなら、スーツはサイズさえ合っていれば、どんな人でもカッコよく見せられる服だからです

オフィスではそのスーツを毎日着られるのですから、こんなチャンスを逃さない手はありません

オフィスの中や外で、カッコいいスーツスタイルのあなたを演出してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました