ワークマンの釣りウエア【イナレムレインストレッチスーツ】の実力が凄かった

釣り
アイキャッチ画像出典元 ワークマンオンラインストア https://workman.jp/shop/default.aspx

もし、あなたが機能的で着心地が良く、しかもお手頃価格の釣りウエアを手に入れたいのなら・・・

みなさん、こんにちは
ファッションや釣りを中心にブログを書いているナッツです

高機能で快適な釣りウエアが欲しいけど、値段が高くてちょっと手が出ない
そう思ったことはありませんか?

大手釣り具メーカーのカタログを見ると、釣り専用ウエアは上下セットでだいたい2万円から5万円ぐらいが主流で、中には10万円を超えるハイエンドモデルもあります

そのようなウエアは機能もデザインも確かに優れているのですが、一般の釣り人にはなかなか手が出ないですよね

しかし、釣り具メーカーではないけれど優れた機能性を持ち、そしてコストパフォーマンスに優れた釣りウエアを作っているメーカーがあります

それが、作業服でおなじみの「ワークマン」です

この記事では、ワークマンの釣りウエアが、どれだけ機能が優れていて、そしてどれだけ釣りに適しているかについて紹介していきたいと思います

ワークマンの釣りウエアの機能が凄い

釣りウエアとしてなくてはならない機能、それが“耐水性”と“透湿性”です

耐水性は雨や波しぶきから身を守るため、そして透湿性はウエア内の水蒸気を外に逃がして不快なムレを防ぐためにとても重要な機能

この耐水性と透湿性を世界最高水準のレベルで実現した素材が、有名な「ゴアテックス」という素材で、登山やアウトドア用の高価格帯のウエアには必ずと言っていいほど採用されています

ワークマンはゴアテックスを超えることを目標にINAREM(イナレム)という素材を開発しました

イナレムの実力がどれくらいかをゴアテックスと比較してみましょう

素材 耐水圧(mm) 透湿性(g/m2)
ゴアテックス 45,000 13,500
イナレム25000 20,000 25,000

耐水圧ではイナレムはゴアテックスには及ばないものの、透湿性ではゴアテックスを上回る数値を叩き出しています

さらにイナレムの生地は全方向ストレッチ生地なので、たとえば

  • ルアーのキャスティング
  • ジギングのシャクリ
  • 魚を求めて岩場やゴロタ場をランガンで移動
  • 仕掛けやコマセの投入

などのように動きの多い釣りをする時に、ストレスなく釣りに集中できるのです!

INAREM(イナレム)ストレッチレインスーツの購入はこちらから

ワークマンの釣りウエアはコスパが凄い

いくらデザインや機能が優れた釣りウエアでも、それが自分にとって手が届かないような値段であれば、あなたにとって何の役にも立ちません

釣りは自然という過酷なフィールドの中で楽しむレジャーです

波を被ったり、魚のヌメリやエサの汁がウエアに付いたりすることもあるでしょう

あるいは岩やカキ殻に当たって表面が擦れたり、場合によっては破けたりすることもあるでしょう

そんな過酷なフィールドの中で、10万円もするようなウエアを着て本当に釣りに集中できるでしょうか?

ワークマンのイナレム25000を搭載したレインスーツ「イナレムレインストレッチスーツ」は価格がなんと4,900円です! この性能にしてこの価格は凄いとは思いませんか?!

釣りの楽しみ方は人それぞれ違っていて、それはウエアにも当てはまります

あなたが釣りウエアに求めているものは何ですか?

  • 高価なウエアを着ているというステ-タスが欲しい
  • 道具からウエアまで同じメーカーで揃えて統一感を出したい

こういった事を求めているのであれば、大手釣り具メーカーのウエアをおすすめします

しかし、基本的な機能やコスパを優先したいのであれば断然ワークマンをおすすめします

INAREM(イナレム)ストレッチレインスーツの購入はこちらから

ワークマン釣りウエアの口コミ

ワークマンの釣りウエアに関する口コミをツイッターからいくつか拾ってみました


大半の意見がイナレムの性能とその価格に満足しているようでしたが、1件だけ雨が染みてきたというツイートがありました
ただし文面からは素材そのものから雨が染みてきたのか、それとも襟元や袖口のような開いたところから染みてきたのかまでは判断できませんでした

まとめ

以上、ワークマンの釣りウエアについて紹介しました

ワークマンの独自素材イナレムを使った釣りウエアについてまとめると

  • ゴアテックスに引けを取らない高性能
  • 抜群のコストパフォーマンス
  • ユーザーから高い評価を受けている

という結果になりました

これから釣りウエアの購入を検討されている方は、ワークマンの釣りウエアを検討されてみてはいかがでしょうか?!

タイトルとURLをコピーしました