シャインマスカットのおいしい食べ方は皮ごと食べるのが一番

グルメ

近年よく見かけるようになったぶどうのシャインマスカット。

手頃な値段でおいしいぶどうとして人気が高まっています。

ここではシャインマスカットの魅力と食べ方について紹介していきたいと思います。

おいしさ、食感

果物の中でぶどうが最も糖度が高いと言われていますが、その中でもシャインマスカットは特に甘いのが特徴です。

また酸味が控えめなので更にその甘さが際立ちます。

甘いといっても全然しつこさはなく、さっぱりとした上品でさわやかな甘さです。

シャインマスカットは基本的にタネがなく、皮ごとそのまま食べられます。

皮と身の間においしさが詰まっているので、シャインマスカットをおいしく食べるなら皮ごと食べるのが断然オススメです。

水でサッと洗ってそのまま口へ運んで食べるだけ。あとは皮やタネを出す必要がなく、手も汚れません。

シャインマスカットを皮ごと食べれば口の中でパリッと弾けて果汁があふれ、シャリシャリとした食感が楽しめます。

手頃な値段

このようにとてもおいしいぶどうでありながら、旬の時期になれば手頃な価格で手に入りやすくなるというのも大きな魅力です。

時期的には7月から9月が旬で、流通する量が多くなるので手に入りやすくなります。

こんなにおいしいぶどうが手軽に楽しめるなんて、とてもありがたいですよね。

いろいろな食べ方

シャインマスカットの本来の味を楽しみたいのであればそのまま皮ごと食べるのが一番ですが、ケーキやタルトに乗せてもいいですし、凍らせてシャーベットにしてもおいしくいただけます。もちろんジュースにしてもOK。あまくて上品な香りの贅沢なジュースが楽しめます。

さいごに

おいしくて、食べやすく、旬であれば値段が手頃と3拍子揃ったシャインマスカット。

シーズンもそろそろ終盤となりましたが、10月いっぱいまではそのさわやかな甘さが楽しめます。

午後のデザートに、そして食後のデザートにシャインマスカットはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました