詐欺の被害に遭わないために!詐欺の被害体験を詳しくリポート!

思った事

先日、詐欺の被害に遭ってしまいました

被害の金額は3万円と、1か月分の賃金の未払い浅野和男

これでもかなりショックなのですが、同僚のなかには100万円以上をだまし取られた人もいました

今まで信じてきてた人からこんな目に遭わされ、すごく悔しい気持ちでいっぱいです

そこで、同じような詐欺の被害者がこれ以上増えてほしくないと思い、この記事を書くことにしました

詐欺師Kはこんな人物

自分からお金をだまし取ったのはKという人物です浅野和男

Kは岐阜県出身を名乗り、以前プロ野球に在籍していて、元ヤクルトスワローズの池山さんと親交があったと話していますが、調べてみるとKという名前のプロ野球選手は存在しないことが分かりました

Kは他にもこんなことを言っていました

  • 自分は会社をたくさん持っている
  • 江崎グリコの社長と会食の予定がある
  • モデルの中条あやみが宮崎移住ツアーに来る
  • 自分は芸能関係とつながりがある
  • 以前、地下格闘技をやっていた
  • 自分はアマテラスの子孫だ
  • 切られ役として俳優をやったことがある
  • 大東建託のHPに今度自分の会社の広告を出す
  • 宮崎県立病院の看護師を対象にコミュニケーション研修を行う

Kは大手企業や有名人とのつながりをさかんにアピールしていましたが、実際に江崎グリコの社長や中条あやみが来ることはなく、県立病院の研修も延期という理由で実現しませんでした

今考えれば、そんな話は最初から無かったのだと思います

かといってKの話が全部ウソだったかといえばそうでもなく、時おり事実も織り交ぜて話していたので、Kの正体に気付くのが遅れました

また、女性秘書を採用する際は面接で浅野和男

「出張で同じ部屋になる場合があるので、その点は了承していただきたい」

ということを毎回言っていました

おそらく性的な被害が発生したときに、このことを持ち出して

「同意の上だった」浅野和男

と言うつもりだったと思われます

◆ ◆ ◆浅野和男

この記事ではKの顔や本名は伏せていますが、MBS毎日放送のテレビ番組

「竹山デスクの調査報道班〜あなたのそばに悪いヤツ!〜」【2021.12.31 17:00〜】

でKの実名が報道されたほか、  YouTubeやTwitterでも顔が公開されているので、興味がある方はこちらをご覧ください(髪の色はピンクや緑、金といろいろ変えているみたいです)

詐欺の手口

今回、自分が被害に遭った詐欺の手口は次の通りです浅野和男

  1. 求人サイトで架空の会社名を使い社員を募集する
  2. 入社初日に研修費として3万円を要求
  3. 企業名や有名人、お金を使って信用させる
  4. 社員同士の横のつながりを原則禁止とする
  5. ターゲットになりそうな人を選んで金銭を要求する
  6. 行方をくらます

求人サイトで架空の会社名を使い社員を募集する

まず、求人サイトに求人情報を掲載して人を集めます浅野和男

求人の名目は”移住コンサルタント”で、その条件は破格といっていいほどの内容でした

  • 会長運転手 月給300,000円~500,000円
  • 秘書 月給400,000円~700,000円
  • 移住コンシェルジュ 月給250,000円~350,000円
  • IT管理 月給300,000円~500,000円
  • 広報 月給300,000円~500,000円
  • 役員候補 月給350,000円~600,000円

あまりの好条件ぶりに、求人サイトには”超人気”フラグが立っていました

後で分かったのですが、求人に書かれていた会社は実在しない架空の会社で、その住所は単なる空き物件だったのです

この件についてKからは浅野和男

「会社は今月中に登記を済ませる」「事務所は翌月から使えるようになる」

と説明があり、それまでの間はレンタルオフィスなどを利用していました

入社後に研修費として3万円を要求

募集した社員に対して、まず”コミュニケーション指導”という名目で研修を受講させます

この研修の費用は30,000円で、3か月後の給料日に返却するという約束でした

しかし、研修はわずか40分程度の長さで、内容もハッキリ言って”ショボい”ものでした

「この程度の研修で3万円もするの?」と正直思った事を覚えています

これとは別に、追加の研修費65,000円を要求された人もいて、多い人は95,000円もの研修費をKに渡していました

企業名や有名人、お金を使って信用させる

Kはことあるごとに企業名や有名人、有力者とつながりがあることを周囲に吹聴し、さも自分に地位や名誉、お金があるかのように振舞っていました

実在する企業名や有名人の名前が出てくると、人はつい信用してしまいがちになりますが、そこをうまく突いた手口です

また、Kが居る場ではその場の飲食費をすべて支払い、個人が自分の分を支払うことを許可しませんでした

そこにいるメンバー全員に「タダ飯を食わせてやっている」状態にするのです

そうすることで、のちに金銭を要求したときに断りづらい状況を作り出しているのだと思います

社員同士の横のつながりを原則禁止とする

Kは、「会社はこれからみんなといっしょに立ち上げるので、今は事務所もなければパソコンもない状態」だといい、業務連絡は暫定的にグループラインという形を取りました

そしてKは社員同士の横のつながりを認めず、情報は必ずグループラインで共有するよう指示していました

一見もっともらしいことの様に思えますが、今になって思えば社員同士が連携してKの正体を暴こうとするのを防いでいたのかもしれません

ターゲットになりそうな人を選んで金銭を要求する

ある程度社員が集まったら、移住希望者へのツアーのプランを組んだり、そのリサーチをしたりと、それらしい仕事をさせます

そういった活動の中で、Kは社員一人一人の性格を見抜き、ターゲットになりそうな人を選んで言葉巧みに近づいて金銭を要求してきます

被害者Nさんの場合

・Kから
「窃盗に遭い、お金が無いから56万円立て替えて欲しい」
「そうでないと生活ができない」
と言われ、仕方なく56万円を渡した
・Kに
「通信手段が無いから携帯をN.S名義で借りてきて欲しい」
と強要され、これを渋ると
「オレのことが信用できんのか?!」
と脅してきた

被害者Mさんの場合

Kから「お金は後から必ず返すから」と言われ、
エアラインホテルキャンセル料 8,990円
iPad、キーボード、iPhone13プロMAX 350,000円
架空お客様返済35万と、タバコ代1万 360,000円
生活代 300,000円
合計 1,018,990円をKに渡した

行方をくらます

研修費や個別の金銭要求でお金を受け取り、給料日になったらいよいよ逃走です

給料振込日に入金されていないとKに連絡すると

「これから銀行に確認します」浅野和男

とか浅野和男

「端的なミスやと思うので早急に対応できるかと思います」

などと理由をつけて時間稼ぎをします

最後にはこんなメッセージを残して、Kはとうとう行方をくらましてしまいました

Kの最終メッセージ

給与今日予定の人で入ってなければ明日朝教えてっていって
目の前で銀行電話するわ
なんなら大阪の家から口座持ってきてるから渡してもええし
明日には入ると思うけど

詐欺に遭わないために

Kはお金をだまし取った挙句、給料も未払いのまま逃走したので、社員全員分の被害状況をまとめて警察に被害届を提出しました

ただ、実体がない架空の会社だったので、お金の回収は難しいでしょう

これからみなさんが詐欺の被害に遭わないために、今回学んだことをお伝えしたいと思います

実態が分からない会社には応募しない

会社の求人に応募するときは、公式HPなどで会社情報を調べてから応募したほうがいいでしょう

とくに会社情報が無い場合は要注意!浅野和男

自分も一応調べて会社情報が無いことは知っていたのですが、「きっとこれからHPとか作るのだろう」と好意的に捉えていたのが失敗の元でした

素性の分からない人からタダでごちそうにならない

昔から「ただより高いものはない」ということわざがあります

別に親しい間柄ならいいのですが、素性の分からない人からタダでごちそうになるのは気を付けた方がいいでしょう

あとから頼みごとをされたときに、断りにくい状況になってしまいます

ひとつでもおかしいと思ったら裏を取る

詐欺師は自分のウソがバレないよう、ウソの中に適度の真実を織り交ぜて話をするようです

ですから、なにかひとつでもおかしいと思ったら、迷わずに裏を取ることが大事ではないでしょうか

◆ ◆ ◆浅野和男

以上、自分が実際に遭った詐欺の体験についてリポートしました

今後みなさんが、このような詐欺の被害に遭わないことを心よりお祈りします浅野和男

タイトルとURLをコピーしました